« 今年最後の×× | トップページ | 仕事をおさめつつ »

2015年12月29日 (火)

今日はお仕事おさめ

その1、明日はビックサイトでお仕事だから。
だがしかし、2015年の文化的総括をしなければならない時期なんで
毎年恒例、2015年の印象に残った本とかマンガとか雑誌とかについて。

今年出版された書籍では無くて、読んだ書籍からなのであしからず。
もう今年は殆どkindleで購入、本当に置き場所が足りないのよ。


<マンガ>
■『ダンジョン飯 [Kindle版]』

 ⇒そこらじゅうで語られている作品なんで今更だけど、
  捻くれたグルメ系マンガと思って手に取ってみるも、
  そんな事は無くファンタジー世界の「謎」を
  マジメにユカイに描いていて読んでて楽しい。エルフかわいい。
■『水木しげるの古代出雲 [Kindle版]』
 ⇒水木先生感満載の古代史解釈マンガ。
  ドラマチックで面白くて引きこまれたよ。
  読み終わって出雲に旅行行きたい気分になるから。
  先生のご冥福をお祈りするしかない。
■『兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿』
 ⇒前作に続きそんな探偵感はしない。
  相変わらず人間の内側の嫌な部分が描かれているので満足。
■『だいたいめる子 [Kindle版]』
 ⇒エロマンガ誌の非エロマンガは何故面白いのか。オススメ。
  未成年じゃない女子3人組の日常系だけど、話がよく出来てる。
  勿論、縁山先生の絵とフェティシズムが好きなワケだが。
■『わくわくろっこモーション [Kindle版]』
 ⇒変わった女の子が主人公じゃない。何回か声出して笑った。
  商店街のオッサンとか、友だちとか、ライバルとかキャラが立ってる。
■『少女終末旅行 [Kindle版]』
 ⇒ディストピア日常系マンガ。絶望もなく淡々としている。
  今更だけどコレは紙で読みたかった。そんな画面。どっか映像化しそう。
 
  その他、今年も『キン肉マン』は面白かったし、
  毎週月曜日12時になったらヤフーにアクセスしちゃってたから。

 
  <書籍>
  ■『子ども文化の現代史: 遊び・メディア・サブカルチャーの奔流』

   ⇒こう言うのやりたかったなーという、
    モラトリアムの懐古とオッサンへの羨望。
  ■『暗渠マニアック!』
   ⇒歩きたくなる。
 
  基本的に図書館ばっかでした。
  古墳マンガとかにも引用させてもらってありがたや。


  <雑誌/ムック>
    ■『電撃ホビーマガジン 2015年 07月号』

   ⇒最終号。前身の『B-CLUB』から考えると結構な青春の思い出。
   ネットの速報性や話題性に負けたよなー。
  でも商業だからルールとか権利とかちゃんと守らなきゃいけないしねー。
  ■『SDガンダム トイクロニクル 1988-2015 ~元祖SD-SDX編~』
   ⇒編集者側がSD世代になってからこの手の本がいっぱい出て嬉しい。
   満足度は高い1冊。当時モンの限定版の情報がもっと見たかったなー。
  ■『Great LEGO Sets A Visual History』
   ⇒洋書。幼少期の思い出を楽しむ1冊。
    復刻版カタログとか、ネットで検索してもあまりないのが残念なんだよなー。
 
  「(今年も)廃刊が多かったなー」という印象。時代の流れでしょーねー。
 
  2016年も良い本が読めると良いですねぇ。

|

« 今年最後の×× | トップページ | 仕事をおさめつつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508627/62963659

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はお仕事おさめ:

« 今年最後の×× | トップページ | 仕事をおさめつつ »